生命保険の誕生と歴史について

生命保険の創業者である、弘世助三郎(ひろせ・すけさぶろう)は、滋賀県彦根市の出身の、明治期の実業家です。近江国(滋賀県)彦根川原町の旧家川添益二郎の次男です。のちに、彦根藩での御用達の商人である弘世助市の養子となりました。京都の第三高等中学校を卒業したあとに、父である助三郎のしている事業の後継者として、素地を作っていくために、M銀行部やNという会社を経て、Y銀行へ入りました。明治12年(1879年)のK銀行本店彦根の設立に参画して、取締役兼支配人となったのち、頭取に就任しました。滋賀県の県会議員をも兼ねていた名士です。
明治19年に滋賀県の会議員となって、同県知事の中井弘や、同県の警部長の片岡直温と知己になりました。そして、福井の監獄の所長をしていた、森八男という人物が、保険の勧誘を受けて、その必要性に共鳴して郷里である彦根に帰りました。そして、弘世助三郎を訪ねて、関西にも生命保険の事業が必要であることを力説しました。

弘世助三郎が協力を求めて、熊谷長太郎やD国立銀大阪支店長の岡橋直助や、D銀頭取たちが共鳴して、関西西財界の有力者である14人が創立委員に選任しました。明治22年(1889年)7月1日に、大阪府知事に設立を正式に届け出ました。7月4日に受理をされました。有限責任の日本生命保険会社が誕生しました。初代の社長には、鴻池善右衛門が就任しました。明治22年に、有限会社である生命保険保険会社(翌23年には、生命保険の保険株式会社となる)を創設しました。ほかに、N鉄道の敷設計画、そして、O鉄道などの創設にも参画しました。生命保険では、創業に際して、東大教授の藤澤利喜太郎の生命保険論の学理に基づき、日本人では初の「生命表」を作成しました。それによって、我が国では最初の科学的な保険料表というものが完成したのです。